News お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2019に出展しました

2019.07.26

学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2019に出展しました

ProSec連携校である東北大学の大学院情報科学研究科 実践的情報教育推進室では、
学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2019に下記内容にて出展しました。

日時:2019年7月14日(日)9時~16時
会場:東北大学川内北キャンパス講義棟
テーマ:「これで君もセキュリティマイスター!! ~デジタルエイジを安心・安全に歩くために~
内容:
・ウェブ形式の模擬画面の表示により、実際に近い形でコンピュータウイルスの感染などセキュリティトラブルを疑似体験
セキュリティトラブルに遭うとどのようなことが発生し、どのような被害が起こるのか実際に画面を操作して体験していただきました。
当日は、雨の中、多くの皆さんにお越しいただき、セキュリティトラブルの体験や説明を通じてセキュリティの重要性を認識してもらえました。
サイエンスデイでのセキュリティに関する展示は今回が初めてです。
子ども達の情報リテラシーが高いことがわかり、セキュリティの観点からも日本の未来は明るいと感じました。
内容の難しさに反して、小学校低学年からしっかり理解してもらうことができました。
・enPiT-Pro Security (ProSec)の紹介を行いました。

・本プログラムは、学都サイエンスデイにおいて創設されたAWARDである
「非常に興味深いで賞」(賞設立者:加藤優(仙台市立第一中学校3年))
を受賞いたしました。
受賞理由:最近良くニュースになっているハッキングやウィルス感染について、実際に体験しながら感染の仕方や対策方法を学ぶことができたから。
審査基準:様々なものごとについてわかりやすく興味を引くような展示をしている。

ページの先頭へ